読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take it easy!~札幌在住アフィリエイターのメモ~

札幌在住の専業アフィリエイターのただの日記です。気になったこと、疑問に思ったことをつらつらとメモしています。

ゆるゆるスタイルが私のやり方。

どうも、Kevinです。

私のアフィリエイトスタイルは、

『ゆる系』

です。

せっかくアフィリエイターになったんだから、自由を楽しみながら自由に記事を書きたいですもん。

最近、少ない時は1日に数記事、1~2時間程度しか仕事をしていませんが、これはやりすぎです。

もうそろそろ新しいジャンル、副サイトを構築しなければなりませんね。

副サイトの重要性

さて、私は始めの記事にも記載しましたが、リンクペナルティを受けて死にかけたことがあります。

それ以降、ホワイトしかやっておらず、何かしらの変動があっても私のサイトはほとんど動きません。

私のメインサイトはランキングサイトです。

ただ、他のランキングサイトと大きな違いは、本当に私のサイトから売れているものを上位掲載している、と言うところです。

新規で立ち上げたランキングサイトは報酬順や好みでランクを決める傾向があります。

ですが、いつまでたってもそんなランキングを掲載していては売り上げが伸びません。

例え報酬が低くても、本当に売れる案件は上位に掲載すればガンガン成果が発生します。

つまり、本当に自分のサイトから売れている案件を報酬単価に関係無く掲載した方が売り上げが爆発的に伸びるんです。

でも、どうしても報酬単価に目が行ってしまうのは仕方が無いことです。

売上度外視で好きなサイトを作ると言う目的であれば、報酬順にランキングを掲載するようなことはしないはずですよね。

ただし、私もある基準をクリアしていないと、例え成果が発生しやすくてもランキングから除外するケースもあります。

その条件とは、

『承認率』

です。

私のサイトの場合、70%以上の承認率が無ければランキングから除外、若しくは下げてしまいます。

この辺りは広告主の意向ではあるものの、40%の承認率とかって、広告主だけが得をするような印象です。

どういった基準があるのかはわかりませんが、そんな広告はほとんど掲載しない方が得策だと思っています。

現在、私のメインサイトのトータルでの承認率は80%以上をキープしています。

本当に売れる案件+承認率を基本としてランキングを作成するようにしています。

また、ランキングに流動性を持たせることも必要かと思います。

放置するよりも、リピーターも楽しめる環境を整えてあげることも必要なことです。

あ、例外ですが、極端に報酬単価が低いものはあまり掲載しないですね。

ランキングサイトは賛否両論がありますが、自サイト内での人気ランキングであれば文句は言われないはず。

ここまで考えているとゆるくないじゃん。

いやあ、まさしくそうかもしれません。

ですが、記事を書くスタイルはゆるゆるです。

好きなことを書いて、共感されればそれでいい。

そんな感じです。

特に初心者やまだあまり稼げていない方は、まずはリラックスして、コーヒーを片手にお気楽な記事を書いてみてはいかがでしょうか?

そこからわかること、色々とありますよ。