読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take it easy!~札幌在住アフィリエイターのメモ~

札幌在住の専業アフィリエイターのただの日記です。気になったこと、疑問に思ったことをつらつらとメモしています。

サイト作成から約3か月で月収20万円近くになったサイトのお話。

どうも、Kevinです。

私が何となく作成したサイトが、3か月足らずで約20万円の収益を上げるまでに成長しました。

想像の倍の収益ですし、10万円到達までもう少しかかるかな、とも思っていましたので、良い意味で予想が外れたな、と思っています。

このサイトですが、私が運営するメインサイトと比較すると1記事当たりの文字数が非常に少ないのです。

平均しておおよそ600文字。

少ないものになると、300文字程度のものもあります。

でも、サイトの評価はどんどん上がっています。

そこでわかったこと、メモしたいと思います。

わかったこと

まあ、あくまで私個人的な見解だと思って見て頂ければと思います。

文字数はgoogleの評価とは無関係だと感じた。

要は記事の内容がわかりやすく、ユーザーが欲しているコンテンツだとgoogleが判断すれば、例え100文字でも問題無いと思っています。

また、よくよく考えてみるとですね、他の方のブログを見てもわかるかと思います。

例えば、芸能人のアメブロ

内容なんて、調査して情報を掲載する私たちアフィリエイターの記事と比較するまでもありません。

例えば、タイトルが『ネイル』だとします。

本文:『キラキラのネイルにしてみた!』

あと、画像が一枚。

これで終わりですよね?

でも、よくよく考えてみてください。

これを書いたと思われるのはおそらく女性タレントだと想像できるかと思いますが、彼女たちが書いたブログ、ペナルティを受けて飛んでいる形跡ってありますか?

無いですよね。

そうです。

訪問者が多く、記事数も多いサイトは、ごく一部が薄っぺらい内容でもサイト全体がペナルティとなる可能性は低い、と言うことがわかるかと思います。

つまり、誰も来なくて見ない、しかも役には全く立たないような記事だけは評価されないかもしれませんが、サイト全体がダメージを受けることが考えにくくなると思うんです。

これはコンテンツを増やす意味合いでも、かなり大きなメリットとなるかと思います。

ただし、私が思うのは、アフィリエイトサイトにはシビアだと言うこと。

たったこれだけの文字数でアフィリエイトリンクだけ掲載すると言った記事を大量に用意すれば低品質ペナルティが発動することはミエミエです。

つまり、この手法は私が思うに、

『コンテンツを量産する上では有効』

だと思っています。

人に教えてあげたくなるような情報であれば、例え文字数が少なくてもそれなりに評価してくれるはずなんです。

そんなことを考え、敢えて文字数を抑えたサイトを作ったんですけどね。

見事にハマりましたね。

ただし、これは私自身の独自の考えです。

案件や状況によっては全然使えない手法なのかもしれませんが、より良い情報を速報的にお伝えする上では有効だと思っています。